プログラマに求められる人材と才能について

多様なプログラミング言語を駆使しながら、システムおよびソフトウェア作成を行うプログラマ。いわゆるC言語やJavaなどの基本となる言語をはじめ、コンピュータの全般的な知識に加えて、広範囲の技術が求められるのがプログラマの仕事です。

そのうち、プログラミング言語については知識のみならず、正確に使いこなしていける実践力を有する人材が望まれます。
プログラマと聞くと、パソコンに向かいながら作業を淡々とこなすイメージがあるかもしれません。しかし、実際の業務は決してそれだけではありません。
開発業務というのは、チームを組んで進める場合が殆どであり、他の仲間と意思疎通をスムーズに行える能力も不可欠な要素です。協調性を重視したコミュニケーション能力も大切ですし、プロジェクトを進める上で妨げとならないように、自分自身の業務とスケジュールの管理に関してもしっかり行えないといけません。

また、出現してくる様々なケースを全て拾い上げられる能力も求められるので、数学者のような論理性も備えていることが重要です。
ロシアの某研究者によれば、プログラミングには工学的な才能も必要とされています。これはすなわち、性能またはメモリの量などの現実的条件を上手くクリアできる能力が求められるということを意味します。
同時に、1つのケアレスミスでもシステムダウンに繋がる可能性があるので、ミスを引き起こさずに、かつ迅速にプログラミングを行える正確さも必須と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です