プログラマは才能よりも努力で輝ける

プログラマの醍醐味は、自分の成長と顧客満足度が比例するところです。
顧客の要望に合ったものを作るのは、一見難しそう、パソコンの才能がないから無理というイメージが強いですが、実際はそんなことはありません。
プログラム言語は勉強すれば誰でも習得できますし、1つの言語をマスターすれば、他の言語は比較的楽に習得することができます。

また、言語やIT業界は日々進化していくので、常に新しいものを追いかけ学び成長し、成長すればその分顧客の要望に近いものを作り出せます。
しかし、100%才能が無くても大丈夫なのかと言うと、そうではありません。バグを発見し修正、コードの書き方にはセンスも必要です。
プログラマは一人で開発をしていくわけではないので、誰が見ても分かるコードを書くこと、チームワークもとても重要です。

ですが、才能やセンスがなくともそれは経験と勉強・努力で十分に補えます。一緒に開発をする人たちから学び教え合うことで、協調性も得られます。また、自宅でもパソコンさえあれば仕事ができるというのも、大きな強みです。
勉強から仕事まで、やろうと思えばどこでも仕事ができる、やったらやった分だけ応えてくれるのも、プログラマの醍醐味であるといえます。

そうやって自分のスキルが上がれば、顧客の要望に近いものが作ることができ、顧客満足度が上がります。さらに、自分も達成感を得られ次の仕事・成長への意欲に繋がるという、進化のサイクルを生み出すことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です