プログラマの才能に感じる限界のデメリット

情報技術の世界では、常人ではとても到達できないような才能を持つプログラマが存在します。そのような能力は、努力で身に付けられるものばかりとは限りません。そのため、プログラミングで天才の域にまでスキルを高めようとしても、どうしても限界は存在します。

才能に左右される部分があるのが、プログラマの仕事のデメリットです。そのため、プログラミングスキルで天才に立ち向かうのは、無謀です。
生まれつきの能力の差を認識し、自身でできることを極めたほうが、プログラミングの世界で活躍できます。たとえ天才的なプログラミング技術を持った人材でも、大きなソフトウェア開発のプロジェクトを一人でこなすことは不可能です。

プログラミング技術者が作成できるコードの量には限界があります。
大規模なソフトウェアの開発プロジェクトは、多くのプログラミング技術者がチームに参加してこそ成り立ちます。
自身の能力を把握し、現状で一番適した活躍の方法を考えれば、才能の面でのデメリットはカバーできます。

このことから、たとえプログラミングのセンスに限界を感じていたとしても、落ち込むのは早計です。実際に、自らのプログラミング能力の限界を認識しつつも、ソフトウェア開発で活躍を果たしているプログラマは多く存在します。
まずは行動し、少しでも高いレベルでのプログラミングができるよう、日々開発の努力を続けることです。諦めさえしなければ時として、天才を超えるほどの意義あるソフトウェア開発の仕事をやり遂げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です